2013年1月 初のくじゅう雪山&法華院1泊登山♪ 1日目前半 ~久住別れまで ~   

初のくじゅうの雪山と、念願の法華院温泉山荘へ

1月12日から13日にかけてくじゅうを歩いてきました。
くじゅうへはもう何回も来ていますが今まで日帰り登山しかなく、
また雪を見たこともまだありません。
年が明けてから前日まで楽しみで
うずうずしながらこの日がようやくやってきました(^^)

いつもは仕事が終わった金曜の夜に霧島を出発して、
深夜に瀬の本までたどり着きそこで車中泊
(Haruは2時間くらいしか仮眠できませんがw)
して早朝から日帰り登山…という山行です。
でも今回は3連休♪法華院へ小屋泊もしてたっぷりくじゅうを楽しむ計画です。





が、最近気になるのは天気。。。
なんか最近雨男の称号を譲られ雨or曇りで
視界がきかない山行ばっかりです。
この週末は…というと、なんと
山に入る2日間だけ雨マーク(;;)
なんでかなぁ???(泣)

でも寒波が来れば雪が楽しめる♪
今回は寒さ対策の装備もバッチリ!だし
…と思っていたらなぜか気温まで高い。う~ん困った!
それでもまぁくじゅうを歩いて法華院で泊まれたら今回はよしとしよう!
となんとか気を取り直し高速をひた走ります。

鹿児島は曇り空でしたが、熊本まで来ると青空ものぞいてきました。
「これはいけるかも!!」と少しわくわくしてきます。
そして阿蘇のミルクロードを走るころは完全に晴れてきました♪
九重連山も山頂付近はまだ雲がかかっていますがこの距離から全体が見えます!

「やったぁ!!」

と寝ているSakuraを起こさないように一人内心ガッツポーズですw
そんなこんなで瀬の本のいつもの仮眠場所へ到着。
準備に取りかかるとSakuraも起きだします。
…ここからふと連山に目をやると。なんと青空の中にうっすら白い山々が目の前に!!!e0314407_19165572.jpg









これは完全に「きた~っっ!!!!」って感じで大急ぎで準備を整え、牧ノ戸駐車場へ到着です。
e0314407_19194229.jpg

e0314407_1923825.jpg


気温は1℃。思ったより気温が高く期待していたほどの雪はなさそうですが、
それでも青空の中の雪景色を十分楽しめそうです。
でも今回もうひとつ楽しみにしていた氷結した御池を渡りたい!
というのは若干諦めムードで、11時15分出発です。
e0314407_19185227.jpge0314407_19203840.jpg




e0314407_19272269.jpg

いちばんしんどい!って思う沓掛山までの道はたくさんの踏み跡で固められてツルツルですがなんとかアイゼン無しで登れます。滑らないように、そしてまだまだ先が長いのでゆっくり歩きます。が、今回寒さ対策に準備したmont-bellのシャルモパーカを着ていてすでに暑い!!!

第一展望所で早速着替えます。
身軽になったところで歩き出し、晴れ渡った景色を堪能しながら沓掛山に到着。
久しぶりに晴れた、しかも雪景色(ちょっとだけだけどw)のくじゅうを見られて感動(;;)

e0314407_19445174.jpg

e0314407_1945358.jpg

e0314407_19492027.jpg


しかしこの歩きにくさと暑さで先日の韓国岳のように
早速Sakuraが音をあげるんじゃないかと心配してましたが
要らぬ心配だったようです!
初雪山登山の二回目がこの絶景!
楽しそうに歩いてるのを見てホッとすると同時に
自分も4年前の感動した青と白の景色が脳裏によみがえって
テンション上がりまくりです☆
ホントに来てよかったなぁ♪まだ始まったばかりなのにもう満足感に浸ってますw
e0314407_19332190.jpg

e0314407_1934285.jpg





最初にも書きましたがくじゅうへは何度も来てますが、
おそらく一番ポピュラーコースのこの牧ノ戸コースが
Haru&Sakuraは苦手かもしれません。
というのも、過去いい思い出があまりない…
そのひとつに、ここは雪や霜柱が溶けたり雨だと
まるで水田を歩くようなドロドロの道のりで、
だいたいいつも帰り道ですがSakuraがかなり苦戦して、
Haruは必死でwなだめながら時間との戦いを余儀なくされるからです!
e0314407_19343246.jpg

しかし今日は。ガチガチに凍ってます!
一部溶けてドロドロにはなってますが行く手を阻まれる(笑)ほどはありません。
すれ違う下山者のおじさんに

「帰りは覚悟しないと!」

って言われながら、まぁ確かにそうだけど今ウキウキ気分なので
聞かなかったことにしてサクサク進みます(^^)v
e0314407_19373548.jpg



1時過ぎになると目の前に星生山がドーンとそびえ立つ扇ヶ鼻分岐までやってきます。(13:10)
この時間南斜面のためほとんど雪は見えません。
今日はこの星生山にまず登ります!いちばん最初にくじゅうに来た時以来ですが、
今回は正面のルートから登ります。
e0314407_19385311.jpg


左に目をやると凍った池糖が見えます。
完全に凍っているようなのでチラッと御池への期待も復活します。
後ろ(南側)を見ると、真っ白な扇ヶ鼻と肥前ヶ城、遠くに雪をまとった阿蘇が見えます。
今日は本当にいい方向に天気予報がはずれてくれて常に絶景を見ながら歩けますv
e0314407_19395254.jpg

e0314407_19421965.jpg

e0314407_19403582.jpg

e0314407_19411856.jpg


だいたい35分くらいで星生山の山頂に到着です。(13:45)
稜線は固まった雪が残り若干歩きにくいですが、
今度は北側まで360°のパノラマが広がります!
直下に硫黄山、三俣山などくじゅうの山々がくっきり見えます。
e0314407_1943237.jpg

e0314407_19572635.jpg

e0314407_1944920.jpg

e0314407_1947271.jpg

e0314407_2095235.jpg


最近はこんな場所で山ごはんを作るのが楽しみの1つですが、
今回は宿泊用の荷物が多く夜のおつまみとw明日のお昼用の材料しか持ってきていません。
なのでここではコンビニおにぎりでおなかを満たし、13:50に山頂を出発です。

今度は久住別れへ向かい、右に西千里を見ながら星生崎まで続く稜線歩きです。
ちょっと危ないのでSakuraにはアイゼンを装着させます。
おかげで最初の岩場を過ぎると後は順調に歩いて行きます。
e0314407_19584211.jpg


そんなSakuraを見守りながら雪を避けながら歩いていると
いつの間にか岩の上で動けなくなりますwここに来てさながらクライミング(苦笑)
素直にアイゼン着けるんだったと後悔しながら何とかクリア。
ずいぶん先へ行ったSakura を追いかけます。
e0314407_19592532.jpg

e0314407_19594822.jpg

e0314407_200224.jpg


14:20、星生崎へ到達。
目の前に何度も来ながらまだ未踏の盟主久住山がそびえます。(今日もスルーですがw)
眼下の久住別れにはたくさんの登山者がいます。
やっぱりここの風景は好きだなぁ♪ここからすぐ降りて14:40久住別れ到着。
e0314407_2013440.jpg

e0314407_202588.jpg


ここから御池へ向かいますが。
なんと!山行予定の時間を一時間計算違いをしていることにここで気がつきます。
その時間間違いはコチラ
ん~御池は諦めるか…目の前にあるのに( ;∀;)どうしよう(((((゜゜;)

さて、この後どうなるのかは次回へ続きます(^^;
[PR]

by harusakura0408 | 2013-01-12 10:50 | くじゅう

<< 2013年1月 初のくじゅう雪...