雲仙・普賢岳へ   

7月 13日(土)に雲仙へ行ってきました070.gif( ´艸`)


鹿児島を4時過ぎに出発し、熊本港に6時半着、7時発のフェリーで島原半島に渡りました。
気持ちの良い天気でウッキウキ016.gifだったのですが、
フェリーから島原方向を見ると・・・・

e0314407_19155953.jpg

e0314407_19161385.jpg


ん?なんかガスってる?039.gif


ま、気にしない気にしない~♪で8時に島原半島に到着。

せっかくなので島原半島を暫し観光(ドライブ)をし、
当初8時半から登り始める予定が9時過ぎに仁田峠に到着。

日が長いしいいよね♪なんて思ってたんですが、
仁田峠は辺りはガスで真っ白、そして暴風・・・025.gif
初めての山なのにこんなに暴風で大丈夫なのかな?と不安が過り、
Haruさんに「どうする?行く?」と聞いたら

「いつも快晴ってわけじゃないんだし、とりあえず行こう」



ですよねー。
せっかく遠路はるばる来たしねー・・・

いつものヘタレ部分が出ましたが、気を取り直して出発!(9:33)

e0314407_19171438.jpg

e0314407_19173421.jpg





仁田峠から雲仙ロープウェイを利用せずテクテク歩くこと約30分。ロープウェイなら3分で着く妙見岳へ。(10:12)
やはり周りはガスだらけ………(ノД`)
e0314407_19181468.jpg

e0314407_19182760.jpg

e0314407_19183892.jpg

e0314407_19185425.jpg

e0314407_1924934.jpg

めげずにさらに登って行くと、神社があり、神主様らしき方が祈祷をされておりました。
珍しかった、というのもあるのですが、なんとなく後ろからその方をぼーっと眺めていたら
地元諫早の登山者の方と合流し、暫し山話をし、神社にお参りしてから途中までご一緒することに。
e0314407_19282579.jpg

e0314407_19283458.jpg

e0314407_19284332.jpg


国見分かれまで程良いペースでヤマアジサイとか愛でながらテクテク歩いていくと(10:52)、その方は展望ないから国見岳はパスします!と
先に行かれてしまいました。私も一緒についていきたかったのですが、haruさんの
「せっかくだから」であえなく作戦は失敗(?)でガスの中、国見岳へ。
e0314407_19291025.jpg

e0314407_19293278.jpg

e0314407_19295382.jpg

登り始めに鎖が見えたので「苦手な鎖場!」と思いましたが
そんな岩登りをするわけでもなく、注意して登れば
難なくクリアできるものでした。

国見岳山頂で(11:09)だんだん風が強くなり、ときどきガスが切れ始め、
平成新山見えるかな?!と淡い期待をしてみました

が、なかなか平成新山は顔を出してくれない・・015.gif

国見分かれから鬼人谷口まで下りている途中から
雨がポツポツ降り出したのですが、樹のトンネルがあるおかげで
暫し雨宿り。登山道も整備されているのでとっても歩きやすいので
初心者でもサクサク進めます。(国見分れ11:29 鬼人谷口11:45)
e0314407_19333360.jpg

e0314407_19334381.jpg

e0314407_19335396.jpg

e0314407_1934381.jpg


ここから鳩穴分かれまでゆるーく登っていくのですが
途中風穴(かざあな、11:56)が2か所あり、夏なのにひんやり冷気を楽しめ(少々肌寒い)
鳩穴分かれに着いた時(12:15)にはガスもほぼとれていました。
e0314407_19343843.jpg

e0314407_1935028.jpg

e0314407_19351114.jpg

そこで北九州から来られた3人のパーティーの方に
雲仙普賢岳の火砕流あとはあそこだよ、と教えてもらいました。

雲仙・普賢岳の噴火があったのは自分が小学生の頃だったと思うのでだいたい20年くらい前?でしょうか。まだまだ爪あとははっきりと残っています。


その方たちと暫し歓談していると、なんと84歳とのこと。
空いた口が塞がらないってこんなことなのね、と思った瞬間でした(笑)

では、お気を付けて、と分かれて鳩穴分かれから普賢岳に登っていくと
後ろから「おーい、おーい」と聞こえて最初は自分に向けた呼び声だと
思っていなかったんですが、だんだん声が近づいてくるので
数メートル下るとさっきの方が追っかけてきてまして。
何か忘れ物したかな?と思い「どうかされました?」と近づいたら
鹿児島銘菓の”かるかん”を持って「余ったから食べて」と。
わざわざ私たちのために・・・とちょっぴり感動し
ありがたくいただきました053.gif


鳩穴分かれから新しくできた新登山道は一方通行なので
追い越されなければ基本的に人に会いません。
立岩の峰までだいたい20分ほどで到着し(12:48)、
目の前に平成新山(溶岩ドーム)がデーンと構えていました。
e0314407_19393625.jpg

e0314407_19395772.jpg

e0314407_19401188.jpg

e0314407_19402752.jpg


が、やはり頂上はガスっており、なかなか全貌を見ることができません・・・。

そこから15分ほどで霧氷沢まで下り(13:02)、また冷んやり体感をしていよいよ普賢岳へ!
10分くらいで普賢岳山頂に着き(13:14)その時既に13時まわっていたのでランチタイム!
e0314407_19462245.jpg


ランチメニューは

・味噌汁
・親子丼
・鶏のせせり塩麹焼き&ウインナー
・冷やしパイン

いつものことですが、食べすぎです037.gif
e0314407_19433256.jpg


1時間ほど山頂でダラダラし、14時過ぎに下山開始(14:34)。
e0314407_19494748.jpg

e0314407_19503311.jpg

e0314407_19505011.jpg

紅葉茶屋まで一気に下って行くのですが、
ゴツゴツした石も階段状になっており、とっても歩きやすいです。
ただ私は膝がまた痛くなったのでところどころ遅くなりましたが
あっさり20分ほどで紅葉茶屋に到着(14:58)。
e0314407_19513194.jpg

e0314407_19515159.jpg

e0314407_1952142.jpg

e0314407_19521042.jpg

e0314407_19521948.jpg

e0314407_19523626.jpg

e0314407_19524670.jpg


そこからあざみ谷までゆるーく下り、仁田峠まではほぼフラットな道でした。

全行程は5.5km、標高差は671mと縦走とまでは行かないですが
コンパクトにまとまった楽しい山行でした☆
今度は天気の良いときにリベンジしたいです!

今回の花たち↓
e0314407_19531114.jpg

今回の山行記録はコチラ
[PR]

by harusakura0408 | 2013-07-13 20:00 | その他の山

<< 2013霧島清掃登山 雲仙普賢岳へ ~速報~ >>